セブの言語事情 – TripLearner

フィリピンで英語の語学留学する人もいる程だし、セブは英語も通じる生活しやすい国なのでは?!と思っていたのですが。。。

セブに到着した時の第一印象は

なんでここに英語留学に来る人が存在するんだ?

という感じ。

セブのマクタン空港に着いた時から聞こえてくるのは知らない言語。
空港のお兄さんに英語で話しかけたら普通に会話はできるものの、お互い「外国語」として英語を話している感じ。

分かる、けど、結構訛ってる。

交通案内のおじさんや、バスのおじいさんに関しては数字程度しか伝わってない。

レストランのメニューは英語で書かれているのに、街中の広告やCMの字幕は知らない言語になっていることが多い。

英語の国じゃなかったの?!
と思ったので現地で友達になった子に聞いてみることに。

日常会話はセブアーノ

フィリピンはたくさんの小さな島からできており、島の数だけ言語があります。
ただ、それでは意思疎通が非常に難しいのでフィリピン語英語が公用語とされました。

このフィリピン語というのはマニラなど北部で話されているタガログ語とほぼ同じです。

そして、セブで話されているのは「セブアーノ」

セブの町を歩いていて聞こえてくるのはほぼセブアーノだけです。
セブ周辺の島々も独自の言語を持っていますが、フィリピン中部では皆セブアーノが分かるんだそう。

とはいえ、セブ出身者はフィリピンの公用語が分からない・・・なんてことはなく、ちゃんと全員学校で習っています。
つまり、セブ人は全員セブアーノ、タガログ語、英語の3か国語ができる!

マニラなど日常生活でタガログ語を使っている人は、タガログ語と英語の2か国語です。

これは一部のインテリ層だけの話ではなく、ストリートチルドレンでも他のストリートから英語を習っていることが多いそう。

フィリピン人はどうやって英語を習うの?

フィリピン人にどうやって英語を勉強したのかを聞いてみたら、結構厳しかった。笑

まず、家庭ではセブアーノ(マニラなどではタガログ語)を話しているにも関わらず、小学校に入った瞬間学校では英語でしか話してはいけないというルールができます。

しかも、英語以外を話すと罰則がある学校がほとんどだそう。

私が話した子は

セブアーノを一言話しただけで英文レポート2枚書かされた!

みたいな感じでしたが、
英語以外を話す度に5ペソ取られる学校もあるんだそう。
日本じゃ信じられない。。。

しかも、小学1年生から英語で英語を勉強します。
日本のように日本語で英語の文法を習っているわけじゃないんです。
これに関しては多分、小学生には文法を教えるより徹底的に英語で会話しようとした方が吸収が早いんでしょうね。
しかし、英語が第一言語である訳ではなく、あくまで学校で習って話せるようになっているフィリピン人は、アメリカやイギリスなど生まれた時から英語を聞いている人たちより文法が正確なんだそう。

アメリカ人やイギリス人は私たちより早口で英語を話すけど、文法がめちゃくちゃなのが気になっちゃうの。笑

英語に加えて、普段セブアーノを話しているセブではタガログ語の勉強も始まります。

また、数学や理科の授業は全部英語。
タガログ語やセブアーノには、数学などの専門用語を説明する単語がないので、最初から英語を使って勉強した方が便利なんだそう。

日本の場合は良くも悪くも翻訳本が手に入ってしまうので、大学教授レベルですら英語が話せないことがよくありますね。

ここまで聞くと疑問に思うのは、

なんで日常生活だけセブアーノなの?

というところ。
学校では英語でしか話せないのに、学校外ではセブアーノを話しているセブの人々。
普通に考えて、学校外でも英語を話して、子供ができたら最初から英語を教えれば良いじゃん。。。

日常会話で英語を使うのは、何か変なんだよ。
私も子供ができたらセブアーノで話しかけると思う。

3人に同じ質問をしてみましたが、全員「明確な理由はないけどセブアーノを使う」という感じでした。

ストリートチルドレンでも英語が話せる、とはいえ、日常会話で英語を使うのはどこかインテリぶっている感じになるんだろうか。
私が会った若いフィリピン人は全員「英語とタガログ語とセブアーノは全て同じように話せる」と言っていましたが、中にはそうではない人もいるそう。
セブでの旅行中、英語が全然通じなかった人も何人かいました。

セブで英語留学って、どうなの?

フィリピン人は全員英語を習っているし、少なくとも学生時代は全員英語を話せていた。
とはいえ、現地人が普段使っているのはセブアーノ。

英語が通じない人もいるくらいなので、
セブに留学しても英語に囲まれた生活になるわけではないと思います。
ただ、現地の子にセブで英語留学が盛んなことに関してどう思うか聞いてみると。

フィリピンは世界トップ5の英語公用語国だよ。
セブなら他の英語圏より安く学べるんでしょ?
英語圏ならどこでも良いんじゃない?

とのこと。
まあね、普段の生活で英語使ってないし、すごく訛った英語とはいえ少なくとも日本語からは離れてるからね。
それに、フィリピンがアメリカ、イギリスに次ぐ世界3位の英語話者人口を抱えている国というのも事実。

ただ、英語教師ではなくその辺の現地人と話すと物凄く訛りの強い英語を聞くことになるよ、というのは言っておきたい。

カジノディーラーってこれからの花形職業らしいよ。
カジノディーラーには英語も必須だから、ネイティブの英語授業もあるらしい。

スポンサーリンク
カテゴリー: Philippines

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA